株式会社ゼンリンジオインテリジェンス

ソフトウェア

ATX 売上予測システム

実勢を踏まえたユーザー専用の需要予測が実現。 現場から生まれシミュレーションモデル。

ATXの概要

  • Aoki理論は、評価物件の商圏範囲を過去の実績から設定し、絶対需要を確定した上で、その中から影響店舗と比べてどれくらい吸引できるかを、消費者の買物公行動の主要要因との関係式を作り需要予測するものです。
  • 商圏範囲は、j表か物件の業種・業態と地域性(ex.都会とローカル等)から、評価物件の規模に対する消費者の生活スタイル<買い物をする範囲>で変わってきます、実績値を元に経験則として、各組合せタイプ毎の時間距離を設定し、また現地調査により、商圏範囲を確定させます。
  • 影響店舗は、設定商圏の消費者から見た買物に行く店舗としています。(影響圏内店舗)
  • 買物行動の主要要因としては、従来、売場面積・距離などがありますが、駐車台数・営業時間を加え、更にユーザー企業のもつ評価項目なども、アメニティ度(説明変数)として取り入れます。これによって実勢を踏まえたユーザー専用の需要予測ができます。
  • 基本的なパラメーター・計算係数は、過去の現場運用実績から持っています。即ち店舗開発プロセスに沿って運用できる、現場から生まれたシミュレーションモデルです。

商圏分析結果(需要予測)

商圏分析結果(需要予測)

弊社サービス、資料請求をご所望の方は
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください

03-5244-5171【受付時間】9:00~17:30(平日のみ)

メールでのお問い合わせお見積りや、WEBパンフレットはこちら