プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 入院ベット数の多い県ほど医療費が高いことが分かった | メイン | 駅ランキング »

繁盛店の条件

これを言い当てるのはなかなか難しいことです。

当然ながら、チェーンストアでは新規出店計画で入念に商圏調査をしています。そして、その商圏に見合った作戦を立てて運営しているはずです。それでも必ずといっていいほど繁盛店と不振店ができてしまいます。

...

あるお店が凄く繁盛しているとしましょう。この繁盛店と同じような商圏規模で、同じような年齢構成の、同じような所得層の、同じようなライフスタイルの顧客を持つ類似店舗群が簡単に分かれば不振店にとっては少なからず役に立つはずです。

実際のデータを使って類似店舗を探してみました。
仮にの話です。
ライフ野田店が凄く繁盛している店舗とします。

この店舗に類似した店舗は
京都の二条駅前店、西陣店、任生店と兵庫の今津駅前店でした。(下図を参照)

勿論、不振店を繁盛店にすることはそんなに簡単ではありません。競合店の存在、しかもその競合店の固有名によっても左右されます。また、近くても道路がいつも渋滞しているとか駐車場に入りにくいとかによっても違いますが下図は参考にならないことはないはずです。

2015-03-19_174057.png