プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 韓国でGISマーケティングセミナー開催・私の著書の出版決定! | メイン | 日本の市区町村が2000年時点から4分の1になる? »

ガソリンスタンドがない市町村が8か所もあるそうだ!

SS過疎地全国265市町村
全国各地でガソリンスタンド(SS)が減少している。バブル最盛期には6万店を超えていたSSも現在はガソリンスタンドも3万6千店に減少している。(以下グラフ参照:全国石油協会発表)

↑ 揮発油販売業者数及び給油所数推移

1市町村当たりSS数が3店以下の市町村が265にのぼることが資源エネルギー庁がまとめた調査で明らかになった。これらの市町村をSS過疎地という。ガソリンは謂わば一つのインフラと考えるべきだ。

全国1719市町村中265市町村がSS過疎地で1店もないのは8町村、1店しかない市町村は63か所にも及ぶという。エネルギー庁では今年度、SS過疎地の安定供給を維持していくため、地域エネルギー供給拠点整備事業を拡充。過疎地内のSSの地下タンク入替支援や、過疎地内の需要動向に応じてSSのダウンサイジング化を図る簡易計量機の設置などについて対象各市町村と協議を進めているという。

人口減少、高齢化が進む中、需要に応じてSSが減少するのは避けられないが予期せぬ災害などに遭遇した時などの備えとして改めてSSの重要性を考える必要がある。