プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2013年1月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月 アーカイブ

2013年5月 1日

日本のゴルフ場

開場60年経過の30コース

日本に初めてゴルフ場がオープンして今年で110年目になります。

そのゴルフ場は皆さんもよくご存知の兵庫県神戸市の六甲山にある神戸ゴルフ倶楽部です。1903年(明治36年)5月24日6ホールでオープンしました。

2番目のコースは神戸ゴルフ倶楽部から遅れること10年、1913年(大正2年)8月1日に9ホールでオープンした長崎県の雲仙ゴルフクラブ。今年でちょうど100年を迎えます。

その1年後、1914年(大正3年)6月1日に関東ではじめての東京ゴルフ倶楽部(埼玉県)がオープンしています。


以後30コースが出来るのに50年(1903年〜1952年)を要しています。この30コースは今年(2013年)で開場60年以上を経過したことになります。
ちなみに、1953年から2002年の50年で実に2700コースのゴルフ場がオープンしています。

日本のゴルフ場オープン30位は以下の通りです。
1、神戸ゴルフ倶楽部(兵庫1903年) ○         
2、雲仙ゴルフクラブ(長崎1913年)
3、東京ゴルフ倶楽部(埼玉1914年)
4、旧軽井沢ゴルフクラブ(長野1919年)
5、垂水ゴルフ倶楽部(兵庫1920年) ○
6、鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫1920年) ○
7、程ヶ谷カントリークラブ(神奈川1922年)
8、茨木カントリークラブ(大阪1925年)○
9、宝塚ゴルフ倶楽部         ○
10、函館ゴルフ倶楽部(北海道1927年)
11、小樽カントリー倶楽部(北海道1928年)○
12、飯田カントリークラブ(長野1928年)○
13、霞ヶ関カントリークラブ(埼玉1929年)○
14、岡山霞ゴルフ倶楽部(岡山1930年)
15、三田ゴルフクラブ(兵庫1930年)○
16、室蘭ゴルフ倶楽部(北海道1930年)
17、我孫子ゴルフ倶楽部(千葉1930年)
18、相模カントリークラブ(神奈川1931年)
19、廣野ゴルフ倶楽部(兵庫1932年)○
20、門司ゴルフ倶楽部(福岡1934年)
21、唐津ゴルフ倶楽部(佐賀1937年)
22、小金井カントリークラブ(東京1937年)
23、大阪ゴルフクラブ(大阪1937年)
24、京都ゴルフ倶楽部上加茂(京都1948年)
25、伊東ゴルフ倶楽部(静岡1948年)○
26、山口カントリー倶楽部(山口1952年)
27、熊本ゴルフ倶楽部(熊本1952年)
28、広島ゴルフ倶楽部(広島1952年)
29、福岡カントリークラブ(福岡1952年)、
30、古賀ゴルフクラブ(福岡1952年)○
○印=既ラウンド

以前にも書きましたが、この26番目の山口カントリー倶楽部が私の住む家の直ぐ側に出来たお陰で9歳(昭和27年)からゴルフを始める幸運に恵まれました。そんな訳で、私のゴルフ暦は今年で61年になります。その意味でいえばゴルフは私の人生に大きく係わってきました。

私のゴルフの目標はなんと言っても仲間と一緒に楽しいプレーをすることです。そのためにはある程度のゴルフが出来ないと楽しめないと思いそれなりに頑張ってきました。お陰で何とか人並みに楽しめるところまでになりました。

ところが最近(60歳を過ぎた頃から)どうもうまくいかないのです。頭のどこかで「こんなはずじゃない」、「これが打てない訳がない」と思っているのか、自分が思うショットが打てなくなっています。年齢には逆らえないということでしょう。

これからはゴルフが出来るだけでも幸せと思うように心を入れ換えて楽しいゴルフをするように心がけたいと思っています。

私は上記の30ゴルフ場でプレーしたいと思っています。全国にいるゴルフ仲間を尋ねて一緒に楽しみたいと思っています。