プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2012年5月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月 アーカイブ

2012年7月20日

日本の専門店売上げランキング

年間販売額 ヤマダ電機ダントツの1兆7772億円

7月18日の日経MJに第40回 日本の専門店調査の結果が発表されました。百貨店や大手スーパーを除く、家電やホームセンター、ドラッグストア、紳士服、婦人服、カジュアル衣料など専門店のそれぞれ1位企業の売上げ上位から並べてみました。


1位、 家電量販店    ヤマダ電機   1兆7773億円  522店舗 
2位、 カジュアル衣料  ユニクロ       6001億円  843店舗
3位、 婦人服   しまむら   4640億円  1707店舗
4位、 ドラッグストア マツモトキヨシ   4350億円  1257店舗
5位、 総合DS      ドン・キホーテ   3466億円   169店舗
6位、 ホームセンター  カインズホーム   3366億円   180店舗
7位、 家具        ニトリ         3310億円   258店舗
8位、 CDレンタル    ゲオ         2850億円  1468店舗
9位、 スポーツ      アルペン      1890億円   364店舗
10位、紳士服       青山商事      1720億円   824店舗

ちなみに、CDレンタルでゲオが1位となっていますがゲオの場合はアミューズメントや携帯ショップなども含まれておりTUTAYA(1730億円)と単純に比較するのは難しいと思われます。
これはどの業態についても同じことが言えます。

また、他にも靴(ABCマート1221億円)やめがね(メガネトップ635億円)などとなっています。
ダントツの家電量販店は1位のヤマダ電機に次ぐ2位はエディオンで7590億円の売上げを示しています。参考まで                            2012年7月18日 日経MJより