プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2011年9月 | メイン | 2012年1月 »

2011年11月 アーカイブ

2011年11月30日

全国都道府県別”幸せ度マップ”

全国幸せ度ランキング1位は福井県、最下位は大阪府

先日プータン国王とその王妃が来日され話題になっていた。プータンといえば国民の幸福度を示すGNH(国民総幸福量)の提唱国として世界中に知られている。
これを日本の47都道府県に当てはめたらどうなるのか?法政大学大学院坂本光司教授(地域経済論)が興味深い研究発表された。(11月18日夕刊フジの記事より)

先生は国が発表する統計データから出生率や持ち家率、失業率や犯罪認知件数など40項目を独自の手法で点数化され「都道府県別幸せ度ランキング」としてまとめられた。

11月18日の夕刊フジにこのような興味深い記事を見付けたので私の得意な「データマップ」にしてみることにした。先生が選ばれた40項目の統計データの詳細な内容は把握できていないが代表的なデータでみると都会には少々分が悪い結果になるような気がする。

尤も、都会ではどうしても仕事中心の生活になり幸せを感じる余裕がないのが実態だと思う。また、それなら地方の方が良いかというと、またそうでもない。少子高齢化が進む地方では将来が展望できない深刻な状況だ。

日本列島全体で見ると日本海側が高く、太平洋側が低い傾向だ。

幸せ度の上位に福井(1位)、富山(2位)、石川(3位)と京都、兵庫を飛ばして鳥取(4位)といずれも日本海沿岸地域に集中しているのが興味深い。次いで、佐賀、熊本と九州勢が5位に並んでいる。

一方、下位では京都(42位)、兵庫(45位)、大阪(最下位47位)と関西に集中している。また、日本の南北の両端、北海道(43位)、沖縄(41位)が低いのも不思議な現象だ。ちなみに、関東勢では千葉・神奈川が33位、東京は38位、埼玉が44位とやはり低いランクだ。

2011年11月14日

facebookでGISマーケティング

facebookを利用してGISマーケティングを解説

SNSは今や常識、blogやtwitter、そしてfacebookなどからインターネットを介して、日々日頃の身近に存在するありとあらゆる情報が世界中から発信されています。

これらはPCにインターネットが繋がっていれば、いつでも、何処でも、誰でも自由に見ることができます。こんなことが出来るなんて!・・・・・こんな時代になろうとは!・・・・私がJPSを創業した頃には考えも及びませんでした。

そして今、私はこうしてblogを書きtwitterでつぶやき(最近はサボっていますが・・・)facebookで情報交換をしています。(正直に言えばに・が・てです)

実は、先日より、このfacebookに「エリアマーケティングを楽しむ会」と「GISで商売繁盛する会」が立ち上がりました。例え、個人商店さんであってもエリアマーケティングは必須です。分かりやすいGISマーケティングは何方にも簡単に受け入れられるはずです。

最近、特に、「中小企業のためのIT化」、「中小企業のためのマーケティング」というテーマで講演や専門誌の原稿や取材を頼まれることが多くなりました。

つまり、エリアマーケティング、ましてGISマーケティングは中小企業には無関係と思われていたことが実はそうではないと気付いたのだと思います。

そこで、誰にでも分かり易く、GISマーケティングとは何かをはじめ、その進め方など事例を交えて紹介する私の動画をyoutubeで公開することに致しました。

是非、ご覧頂き、少しでも参考にしていただければと思います。


①商品が売れるかどうか見込みをGISでたててみよう!
http://www.youtube.com/watch?v=Tkii52Prm9M&feature=related

②GISを活用してエリアを絞って広告を出そう!
http://www.youtube.com/watch?v=Km3WTN5TrT0&feature=related

③GISでずばりのターゲットの居場所を獲得しよう!
http://www.youtube.com/watch?v=aFnyXmlqxCY&feature=related