プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月 アーカイブ

2010年8月 5日

サンフランシスコから野生の鶉の写真

冠ウズラの一家

SFの長井さんから

カリフォルニアとオレゴン、それにメキシコ西部に生息しているという冠ウズラの一家の写真を送ってもらいました。
California Qauil (学名Callipepla california)という名前がついているので日本でもカリフォルニア・ウズラというのかと思ったいたら、日本にも冠ウズラという和名があるようです。

日本にも野生の鶉って生息しているのでしょうか?
kanmuriuzura_2.JPG


kanmuriuzura_3.JPG


kanmuriuzura_4.JPG


kanmuriuzura_1.JPG

2010年8月 2日

ゴジラが上陸した場所

ゴジラが初めて上陸したのが東品川

東京都品川区東品川に私がよく行く「一龍屋台村」という居酒屋さんがあります。屋台と言っても屋外ではなく、お店の中に焼き鳥、中華、寿司、飲茶、おでん、炉辺のコーナーがあり、お客さんは伝票を持ってお好みのコーナーを回って注文すると出来上がり次第各客席に運んでくれるという仕組みです。

屋形船の発着場でもあり、「東京にあって地方の海辺にある風情」です。色々なお客さんをお連れしましたが、特に、外国人の方には大変評判がよいところです。

このお店の玄関に「ゴジラの石造」があり、なぜゴジラなのか?と思いながらもそのままになっていました。先日、SFから一時帰国された長井さんがそのなぞを解いてくれました。

実は、あのゴジラが生まれたというか、上陸したというか、ゴジラの発祥の地が東品川だったのです。
京急北品川駅の案内地図にゴジラが記してありました。ここが正にお店の場所でした。
一度、お出掛け下さい。


tizu.JPG
a>

2010年8月19日

ニコラ・テスラの銅像がNHKに

『光の偉人 陰の偉人』というNHK BS開発番組:9月下旬に放映

2007年6月、セルビア・ベオグラード日本大使公邸において、当時の在セルビア大使長井忠氏の発案で私のGISマーケティングセミナーを開催していただきました。
折角のお話でしたので、セルビア視察団として日本より私の仲間13名の方に同行頂きました。

この時、ベオグラードにある「ニコラ・テスラ博物館」に立ち寄りテスラの偉業を知りました。訪問者全員がこの偉業を知らなかったのです。これは「日本の恥だ!」ということになり、皆で日本に銅像を造ろうという話が持ち上がりました。

私たち視察団が中心となって有志の方にご賛同頂き「ニコラ・テスラの偉業を讃える会」を発足させ、皆様のご協力のお陰で2008年4月「東京電力”電気の史料館”」に日本で初のニコラ・テスラの像が完成しました。今では、年間3万人以上の方がこの「セルビアの大発明家ニコラ・テスラ」の像をみてくれています。

前置きが長くなりましたが、9月下旬、この像がNHKの番組で紹介されることになったのです。
在日本セルビア大使館文化広報担当のアレクサンドラ・コヴァッチさんから以下の連絡を頂きました。

「今回の番組には、大使館やベオグラードにてテスラ美術館が喜んで協力することになりました。もちろ
ん、テスラのプロモーションに平下さんたちの貴重な貢献も指定いたしました。
それから、テスラ研究所の新戸さんもサポートすることも分かりました。番組の放映が9月末そうです。
大使からも挨拶をお伝えします。どうぞよろしくお願いいたします。」

セルビア共和国大使館
文化広報担当アレクサンドラ・コヴァッチ

2010年8月 6日

日本の人口(総人口1億2705万人)3年ぶり減少

38道府県で人口が減少(平成22年3月末現在)
 
住民基本台帳に基ずく人口調査(今年3月末時点)によると、首都圏1都3県(埼玉・千葉・東京・神奈川)及び愛知、滋賀、大阪、福岡、沖縄の9都府県を覗く38道府県で人口が減少した。

4人に1人が65歳以上の県が20県にもなった。
65歳以上人口構成比が25%を超えた県が20県、つまり、4人に1人が老人だ。(私もその一人)

日本の人口の半分以上の人が3大都市圏に集中(50.51%)
全国47都道府県中東名阪の3大都市圏に流入が続いている。

地方財政がますます厳しく
生産人口(15歳〜64歳人口)が約8118万人と過去最小。2000年に比較して5.6%(480万人)も減少し、人口割合も68%から4%も減少している。つまり、地方からどんどん働く人も人口もいなくなるので生産も減少し、結果的に税収が減る。

さて、こうしてますます広がる都市圏と地方の格差を政府民主党はどう是正するのだろうか?

人口減少のデータマップ


高齢化のデータマップ


人口減少と高齢化のオーバーレイ


若い働き手が流出し人口が減少する。それによって高齢化が進むとその先はどうなるのでしょう?
大きな不安を抱えた日本列島・・・・・赤色で示される地域は早急に対策が必要だ。

22年8月1日日経新聞から