プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月 アーカイブ

2010年4月30日

東京新国立美術館の傘置き場

美術館に濡れた傘は禁物

雨の日の美術館、来場される人達の傘をどうするか?これは大きな問題ですね。作品に大きく影響しますので傘の収納場所は大変重要ですよね。

そう考え、改めて見ると東京六本木の東京新国際美術館の傘置き場は実に立派です。

美術館だけあって綺麗でお洒落な傘置き場です。よく各地の美術館に行きますがこれまで注意深く見ていませんでした。今後は是非傘置き場を観察してみようと思います。


kasaokiba_1.JPG


kasaokiba_1.JPG

2010年4月28日

あの”テスラロードスター”日本で発売

いよいよ日本へ上陸

これまで何度かこのブログでも取り上げていました”テスラロードスター”がいよいよ日本へ参入と発表されました。日本での価格は1810万円だそうです。(4月23日日経産業新聞)

1回の充電(3.5時間)で最長380kmの走行が可能。アメリカでは2008年から発売して今では1000台以上の実績があるそうです。

その内の1台がSFの親友長井さんの住む同じマンションにあり何度か覗きに行きました。teslae_car.jpg

TeslaRoadster_F1.JPG


日本に上陸したら”試乗”してみたいです。

2010年4月26日

上海野鳥公園「崇明島」

上海の野鳥公園

あの綾目さんが上海に出張されました。過密なスケジュールにも係らず、僅か20分の滞在のために、わざわざ上海郊外の野鳥公園まで往復2時間掛けて行かれたそうです。

hikannzakura-1.JPG

崇明島野鳥公園

hikannzakura-1.JPG


見渡す限りの湿地帯・・・こんな広大な所なら野鳥もさぞのんびりと育つでしょうね。

2010年4月19日

梅にメジロ・桜にリス

梅の蜜を吸うメジロ(日本)と桜の花びらを食べるリス(アメリカSF)

中学生の頃、故郷山口県防府市でメジロやホウジロ、鶯、カワラヒワなどを飼っていました。

一般的には「梅に鶯」といいますがよく目にするのはメジロです。むしろ定番は梅にメジロです。

当時の我が家の庭に、梅の時期には梅の蜜を、椿の時期に椿の蜜を求めてメジロが飛んできていました。私は野鳥好きですが中でも、身近にいて、比較的にどこでも見られる、このメジロが好きです。梅ノ木の上で小刻みに動く姿が実に可愛いです。

mejiro_1.JPG


mejiro_1.JPG

定番の梅メジロ(綾目さん撮影)

ちなみに、SFの長井さんから桜の花びらを食べているリスの写真を送ってもらいました。特に関係はないですが日本ではあまり見掛けないですね。

sakura_risu_1.jpg


sakura_risu_2.jpg



桜の花びらを食べるSFのリス

2010年4月16日

永田町には色んな鳥が飛んでいます

永田町に「謎の鳥」が舞う
鳥は鳥でも・・・・永田町には色んな鳥が飛んでいるようです。

友人からこんな「パロディ」というか、「政治風刺」というか・・・を送ってもらいました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実に見事なものでMSさんに大拍手です。
ご当人にはお断りしていませんが是非、皆さんに紹介致します。


決定版 永田町を舞う「謎の鳥」

日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。

中国から見れば「カモ」に見える。
米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。

日本の有権者には「サギ」だと思われている。

オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

「カッコウ」だけは一人前に付けようとするが、
お「フクロウ」さんに、「タカ」っているらしい。

それでいて、約束したら「ウソ」に見え、
身体検査をしたら「カラス」のようにまっ黒、

疑惑には口を「ツグミ」、
釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、
実際は「ヌエ(鵺)」のようだ。

頭の中身は「シジュウガラ」、
実際は単なる鵜飼いの「ウ」。

「キジ」にもなる「トキ」の人だが、
私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

M.S.

2010年4月14日

桜前線北上中

東京千鳥ヶ淵のお花見

今年の桜前線は暖かかったと思うと、急に冷え込んだりでゆっくり北上しています。それだけ長い時間お花見が楽しめます。

この様子ですと秋田角館や青森の弘前城はまだ蕾も硬いのではないでしょうか?

東京の桜の名所の一つに千鳥ヶ淵があります。
こちらは既に散ってしまいましたが私も東京来て20年以上経ちますが4月4日(日曜日)初めて足を運んでみました。

Chidorigahuti_Sakura_1.jpg


Chidorigahuti_Sakura_2.jpg


流石に見事な桜でした。一目この桜を観ようと訪れた人で大混雑でした。桜も綺麗で圧倒させられましたが、一方、人人人でこちらにも圧倒させられました。