プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月 アーカイブ

2009年3月31日

GISはマーケティングの”魚群探知機”です

GISはマーケティングの必須のツール

日本列島を地図で眺めると山や谷、河川、平野には田畑や住宅地があり、その住宅地にも密集地域もあれば閑散地域もあります。密集地域にも高層ビルが建ち並ぶ商業地域や高層マンションが多い住居地域もあります。一戸建ての住居が多い地域もあります。

しかし、地図を見ているだけでは、それぞれの地域に何人の人が住んでいるのかとか、その人達の年齢構成、世帯人数とか所得階層とかなどは分かりません。

例え話は飛躍しますが・・・・
釣り人が釣ろうとしている魚を獲るためにはその目的の魚がいる所に行って、その魚が好物のえさを付けて釣り糸を垂らします。

いくら好物のえさを付けても、目的の魚がいないところに糸を垂らしたのでは収穫はゼロです。当たり前の話です。昔はその魚が沢山いると思われる釣り場に連れて行ってくれる船頭さんがいました。この船頭さんは長い間の経験や勘によって釣れる釣り場を知っていたのです。

ところが、最近になって地球温暖化の所為か、その釣り場も釣れたり釣れなかったりするようになりました。やはり、文明の利器を使った方が成果は確実です。そこに登場したのが魚群探知機です。

では、魚群探知機を搭載している船の船頭さんなら誰でも釣れる場所に連れて行ってくれるかと言うとそういう訳には行きません。予め、どの辺りか知っていなければ大変非効率で、やっと現場に着いたときは他のつり船でいっぱいということにもなります。

つまり、長い経験や培った勘で予め見当を付けておいて、その場所へ急行し、いち早く魚群探知機を使い”ここ”と言う場所を決めて、早速に釣り始めなければ効率的とは言えません。

マーケティングの世界も全く同じことが言えます。長い経験や勘を持つマーケターがGISという魚群探知機を使って、人より早くエリアを攻めれば自ずと効果が上がるはずです。

全国津々浦々でその地域での商売の経験を積んだ人がGISという”魚群探知機”を駆使すれば、これまでより明らかに効率の良い商売をすることが可能になります。

2009年3月27日

咸臨丸

咸臨丸(艦長:勝海舟)がサンフランシスコに寄港して来年で150周年

皆さんご存知でしたか?
あのジョン万次郎や福沢諭吉も乗り込んだと言う勝海舟艦長率いる”咸臨丸”が1860年3月17日にサンフランシスコ港に入港したことを・・・・・
そして、1960年3月、つまり、咸臨丸寄港100年を記念して当時の大阪市が金門橋を見下ろす丘の上に記念碑を寄贈していたことを・・・・・・勿論私も知りませんでした。

ネットで見ましたら
艦長の勝海舟ですが実は船酔いがひどくて航海中ほとんど自室でダウンしてたのだそうです。
操縦してたのはアメリカ人だったというエピソードが残っているみたいです。

わが友、長井忠さんからの情報提供です。
その記念碑の写真を送ってくれました。

Dsc_3317.jpg

2009年3月23日

日本の野鳥第2弾

ウソとトラツグミをご存知ですか?

わが故郷の友人綾目義一氏が先週の日曜日に撮影した写真を送ってくれました。皆さんにも是非ご覧頂きたいと思います。

IMG_3882_uso.JPG


ウソ


IMG_3839_toratugumi.JPG

トラツグミ

尚、先月送ってもらったカワセミとオオヨシキリもご紹介します。


kawasemi%28%A1%EA%29.jpg


カワセミ


ohyoshikiri.jpg


オオヨシキリ

2009年3月19日

サンフランシスコ・ジャイアンツのホーム球場

大グローブと大コカコーラ瓶のAT&T球場

わが友,長井忠氏よりこんな写真を送ってもらいました。
この球場は彼が住んでいる直ぐ近所にあるのだそうです。散歩の時に撮ったもの。

2009-02-07%20ko-ra_guro-bu.jpg

2009年3月18日

「地域マーケティングフォーラム」福岡で開催

「地域マーケティングフォーラム」に360名の方が参加!

3月9日福岡市内「アクロス福岡国際会議場」において,(社)日本マーケティング協会九州支部・NTT情報開発㈱・㈱プロジェクト福岡の共済、福岡県・福岡市をはじめ各新聞社・テレビ会社・商工会議所などの後援でセミナーが開催されました。

私もスピーカーの一人として講演させていただきました。

さすがに共催各社・後援各社の集客力が凄く360名の方が参加されました。

2月に行われた京都でのセミナーにも250名の方が参加されたとご報告しましたが今回もまた大盛況でした。やはり、この金融危機による不況を乗り切るためにとのお考えの方が多く参加されているのでしょうか?

私の経験で申しますと好景気時にはこんなに多くの方が参加されることが無かったように感じます。