プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月21日

日本で始めてのゴルフ場

1901年会場の日本初のゴルフ場”神戸ゴルフクラブ”で

憧れのゴルフ場でプレーをさせてもらいました

ゴルフをする者にとって憧れのゴルフ場”神戸ゴルフクラブ”でプレーが出来る幸運に恵まれました。

さすがにさすがでした。ゴルフ場の玄関(写真1)、コース(写真2)、クラブハウス(写真3)です。
会場当初は6ホールでスタートし戦後に18ホールになったと聞きました。
各ホールそれぞれに謂れに基づいて名前が付いています。写真3はここから神戸が一望できることから”KOBE”と名付けられていました。


parは61で18ホール中6ホールはpar4で残りの12ホールがpar3です。しかし、このpar3のほとんどが200ヤード前後でグリーンも小さくとても難しいコースでした。

私のスコアですか?スコア云々を通り越したラウンドでした。

ゴルフ場全体に風格と言うか、歴史を感じると言うか、なんともいえない心地好さを感じる趣がありました。久しぶりに”ゴルフ”を満喫しました。友人に感謝の1日でした。


ちなみに私が56年前(1952年昭和27年)に始めたゴルフ場、山口カントリークラブが日本で26番目です。出来れば神戸ゴルフクラブでプレーしたことをきっかけに25番目までのゴルフ場全てでプレーをすることを目標にしたいと思いました。

2008年11月19日

人・人・人・ひとの波

朝の品川駅コンコース

先日、関西出張のため新幹線品川駅に午前9時過ぎ。少し時間があったので中二階のコーヒーショップへ。写真はそこから撮ったものです。

コンコースを仕事に向かう人・人・人、そして人・人・人。さらに人、人、人。靴の音が轟音のように聞こえます。これだけの人がひっきりなしに職場に向かっています。朝8時過ぎから9時半ごろまで約1時間半途切れることなく人・人・人。一体何人の人が??

品川駅港南口にオフィスビルが出来てからの現象です。東京って凄い人が動いているって改めて感じました。
自分がこんな波の中にいるんだって思うと、とても付いていけないのではと不安になります。

2008年11月18日

箱根から見た富士山

紅葉を楽しむために箱根へ

11月3日、ゴルフに行くついでに箱根に足を伸ばしてみました。残念ながら紅葉には少し早かったという感じでした。
快晴とはなりませんでしたが天気もほどほどに好く、清々しくて快適でした。

大涌谷から見た富士山

強羅公園の植物園で”咲き分け”を発見

花びらに中に花びら

葉っぱか花が

秋の箱根は好いです。皆さんも是非足を伸ばしては如何ですか?

2008年11月17日

東京国際女子マラソン

最後の東京国際女子マラソンのコース

昨日、最後の東京国際女子マラソンが開催されました。来年から横浜にそのコースが移されるそうです。

昨年は野口みずき選手が圧倒的強さを見せて大会新記録で優勝しました。それをこのブログでもご紹介しましたがアレからもう1年経ったのですね。

今年は渋井陽子選手に期待が集りました。
私が住んでいる所はスタートして17キロ付近です。56分42秒渋井が2位を大きくリードして通過しました。


かなり遅れて2位の加納由理選手、3位の尾崎好美選手が通過しました。

平和島で折り返してきますので同じ場所で40分くらいするともう一度見られます。この時(1時間25分06秒)もトップの渋井は快走していました。

今年は渋井で決まりと思って自宅に戻ってTVを見ていたら、終盤に尾崎に、加納に、そしてマーラ・ヤマウチにも抜かれて4位になってしまいました。前半の飛ばしすぎだったのでしょうか?残念でしたが4位とはいえタイム的にはそんなに悪くなかったと思いますが・・・・また頑張ってほしいですね。

尾崎好美選手のマラソン2回目にしての初優勝は見事でした。今後に期待しましょう。

総勢1339名の選手が出場だそうですが中には64歳の方が、また、大会最多出場で1984年からベストテンに何度も入って事のある松田千枝選手が市民ランナーとして招待され今年も元気に走っていました。一般参加の選手を見ていると「みんな頑張っているなんだなー」と感心します。

2008年11月14日

在日本セルビア大使復帰

コソヴォ承認で帰国されてセルビア大使が復帰

私の友人(少し馴れ馴れしいですが)イヴァン・ムルキッチ在日本セルビア大使が約8ヶ月ぶりに日本に帰ってこられました。早速、大使館を訪ねて会って来ました。

記憶に新しいと思いますが「ニコラ・テスラ銅像」建造計画に大きな支援を頂いた大使。6月28日の除幕式には出席頂けなかったのは大変残念でしたが完成したことを大変喜んで頂きました。

セルビアでは「日本にニコラ・テスラの銅像が完成し博物館に建てられた」のニュースがテレビ、ラジオ、新聞に大きく報道され、大変評判になったと言われていました。

「このことは今後も日本とセルビアが友好な関係を続ける上で大きな役割を果たすことに間違いない」
のコメントを頂き、大変光栄に感じました。
「これも協力頂いた皆様のお陰です」皆さんによろしく伝えて欲しいとおっしゃってました。

2008年11月13日

平下治の「GISマーケティング実践セミナー21事例」が出版

いよいよ発売開始!皆さん宜しくお願いいたします。
11月10日「平下治のGISマーケティング実践セミナー事例21」が出版されました。

これまで一般的に
   GISは高い
   GISは維持にお金が掛かる
   GISは難しい
  だから
   GISは大手企業しか使えない、中小企業や個人企業ではまず使えるものではない。
という噂がありました。

決してそんなことはないのです。なのに、このような評価がされていたのです。

今回は「絶対にそんなことはない!」ということを訴えるために特に身近な事例を中心に取り上げました。誰にでも簡単に活用できることをご理解いただければとセミナーで話すように執筆いたしました。(反って難しく苦労しました)
何はともあれこの本が少しでも多くの皆様の参考になれば嬉しく思います。

是非、ご一読頂き忌憚のないご意見をお寄せ頂けますことをお願い申し上げます。

2008年11月 7日

本の表紙の私の写真

表紙の写真

タイトルに私の名前を入れるということになりましたので出版社から「セミナー時の写真を」と言われました。

これという写真もなく、急遽、プロに頼むことにました。丁度、この時に札幌で講演がありましたので私がいつも出稿している雑誌「GIS・NEXT」の札幌の契約カメラマンさんに撮って貰うことにしました。
その会場で撮ってもらった写真が以下のものです。


今度出版する本の表紙の写真はこれだけ撮ってもらった中からの一枚です。
これだけ有るのに自分で決めようとすると良いのが見付からないのです。やはり被写体の問題だということを改めて再認識いたしました。(以前にもセミナー会場でプロに撮ってもらったこともありましたがその時もダメでした)

写真はともかく、この本を是非お買い求め頂き、ご一読頂きますことをお願い致します。

2008年11月 4日

20年振りに友人とコンタクト

佐渡島に戻った友人との再会を楽しみに

私は1979年㈱JPSを大阪で設立して7年目(1986年)に思い切って関東(鎌倉)に進出しました。
1年後の1987年、日本橋堀留町(現在も同じエリア)にワンルームマンションを借り、念願の東京事務所を開きました。

当時、全く仕事がなく、苦しかったとき多くの方に応援して頂きました。その中のお一人に安藤さんと言う方がいらっしゃいました。広告代理店にお勤めの課長で何かと仕事を作っていただきました。

暫くした時、突然「佐渡に帰ることになった」と言われて退職され帰郷されました。お礼もいえないままににまっておりました。その後、”佐渡テレビ”に勤務するようになったとの連絡を頂き毎年の年賀状だけは行き来しておりました。

その安藤さんがこの度独立されて”佐渡の名産品”など佐渡をPRする仕事を始めたとの連絡を受けました。そして、こんな立派な”佐渡真野の柿”沢山を送って頂きました。


私は11月14日新潟市内で「ビジネスGISコーディネータ研修」をにいがたGIS協議会の後援で開催することになっていましたので、早速この研修に参加してもらうことに致しました。

こんな経緯で旧友に会えることになりました。大変楽しみにしています。

佐渡についての"なんでも相談は是非「安藤さん」にしてあげてください。「平下の紹介」と言っていただければ出来る限りのサポートをしてくれる約束です。

ご紹介します。

安藤 義文さん(ad.MIXアドミックス)
〒953−1211 新潟県佐渡市中興乙1358−1 ラスールなかい205
tel:0259−63−2375
E-mail:yoshifumi@e-sadonet.tv
http://sado-umai.com