プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月 アーカイブ

2008年5月26日

ニコラ・テスラの銅像が一般公開”除幕式”開催

5月連休に大勢の子供たちが初めてニコラ・テスラを知りました

先月21日に設置されたニコラ・テスラの銅像が4月26日からの大型連休から公開されました。

大勢の子供さんをはじめ来館された多くの大人の人も初めてニコラ・テスラを知りました。多くの方から観てきました。立派だとメールを頂いております。大変嬉しいことです。

たまたま一時帰国されていた在セルビア日本国特命全権大使長井忠ご夫妻と日本におけるテスラの研究家として、また、「発明超人ニコラ・テスラ」の著書でも有名な新戸雅章氏と共に行って来ました。

お二人ともとても好く出来ているとお褒めの言葉を頂きました。これもご賛同頂いた皆様のお陰です。

このニュースをセルビアの新聞各紙に取り上げてもらえればと長井大使が写真を撮っておられました。
(因みに長井大使の写真の腕はプロ級でセルビアの雑誌や航空会社の機内誌にも掲載されています)

来る6月28日(土)現地(電気の史料館)においてニコラ・テスラ銅像の除幕式を下記の通り
開催致します。

                           記

  開催日時  : 2008年6月28日(土曜日)13時〜16時まで:セレモニー開催14時(予定)
  場所     : 東京電力「電気の史料館」横浜市鶴見区江ヶ崎4-1
            tel:045-394-5900 www.tepco.co.jp/shiryokan/index-j.html
  館内見学  : 10時より自由見学(13時より解説付きにて館内案内)
  除幕式式典 : 14時より両大使による除幕式
  講演     : 14時30分より日本における「テスラ研究所」所長、「発明超人ニコラ・テスラ」の
            著者作家の新戸雅章氏によるテスラの功績について分かりやすいお話 
  映像     : 15時より、ベオグラード「テスラ博物館」より借用フィルム公開
       
  主催     : ニコラ・テスラの偉業を讃える会
  後援     : 在日本セルビア大使館
            在セルビア日本大使館
            日本セルビア交流協会
            東京電力電気の史料館 
                                                  以上

2008年5月17日

5月初旬の富士山

まだまだ雪化粧が綺麗な富士山


今年は、例年に比べて、この時期の富士山にしては多くの雪が残っています。

毎年、5月の連休には8.5合目か9合目くらいに残雪があり、いわゆる絵にした”富士山”の姿を見せているのですが今年は6.5合目か7合目くらいまで白く雪が残っています。

この写真は私のホームコースのゴルフ場から5月4日に撮ったものです。

2008年5月13日

鯉のぼり

今ではこんな風景が・・・・

5月5日”端午の節句”にはどこの家でも鯉のぼりを高々と揚げ男の子の成長を祝ったものです。
最近では住宅事情も変り、特に、都会では鯉のぼりを上げられなくなり、ベランダや家の中に細々と揚げていたり、また陶器で出来たものや軸に描いた鯉のぼりを飾るようになっているそうです。

連休中に、友人と千葉にゴルフに出掛けました。
途中にこんな鯉のぼりを見掛けました。皆さんもご覧になったことが有ると思いますが川の両岸からロープが張られ、これに、何百もの鯉のぼりが泳いでいました。

今では、これも全国各地で一つの風物詩になっているようですね。

また、最近では、鯉のぼりを裁断してアロハシャツやクッションを作ったりして販売しているとか・・・TVで放送していました。

”屋根より高い鯉のぼり”もだんだんと見られなくなるのでしょうか?淋しいですね。

2008年5月 7日

新鮮な天然の魚に大満足

今時、こんなところがあるんです

先日の休日を利用して、私の40年前からの行き付けの民宿、福井県三方郡の常神半島の民宿”弥平”に行って来ました。約30年前ご一緒したことのある友人一家が「もし、今もあの時と同じなら、是非、もう一度行ってみたいとの希望からお付き合いしました。

景色は変りましたが・・・
料理は、その時と殆ど変らないです。全て、天然の鯛やヒラメ、イカにあわび、その時期に取れる新鮮な海の幸をたらふく食べられるところなのです。今時、考えられない・・・そんな所がまだあるのです。
それなら「もう一度行きたい」ということで実現しました。久しぶりに大満足な時間を過ごしました。

友人の奥さんの一言は「あぁー、生きてて良かった!」です。

こんな漁村です(整備されて昔とは全く違いますが・・・)

ヒラメの活き造り                      鯛・しまアジ・あわびの刺身

イカの活き造り一人1枚ずづ              あわびのバター焼き:一人1個丸かじり

2008年5月 1日

平下治のGIS物語59「セルビア大使がGIS・NEXTに登場」

わが友、セルビア/モンテネグロ特命全権大使長井忠氏がGIS・NEXTに取材を受ける

現役大使でビジネスGISを理解し、関係各国に広めてくれているといえば現セルビア/モンテネグロ特命全権大使(前アメリカオレゴン州ポートランド総領事)の長井忠さんです。

長井大使は2003年6月米国ポートランド総領事時代に日本から私を呼び、地元の米国企業や日系企業の方を公邸に招いて台1回目の「GISマーケティング」セミナーを開催しました。

2005年10月セルビア・モンテネグロ大使としてベオグラードに赴任した翌年の2006年6月に再び私を現地に呼び寄せて第2回目のセミナーを開催しました。よく2007年6月アンコールセミナーとして第3回目のセミナーも開催いたしました。

こうして、日本のGISマーケティングを海外に紹介して頂いています。

当然私にとっては身に余る光栄ですが、わが国にとってもGISで海外にアピールできることは大変喜ばしいことと思います。

詳しいことは「GIS・NEXT23号」(2008年4月21日発行)を是非ご覧頂きたいと思います。発行元は㈱ネクスト・パブリッシング;東京都千代田区神保町3-11(tel:03-5212-1251)
(少々宣伝的ですが是非ご購読頂きたく)