プロフィール

平下治
平下治
1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

トラックバック

RSS


GISマーケティングの株式会社JPS


« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月27日

年末ご挨拶

本年は大変お世話になりありがとう御座いました

今年も色々なことがありました。新たな経験もさせて頂きました。
多くの方にお目に掛かりました。また、また新しいご縁を頂きました。

大変ありがたいことと感謝申し上げます。

来年は私も高齢者(65歳)になります。しかし、これまで怠けており、不勉強のせいでなかなか卒業できません。後、しばらく留年しなければなりません。老害にならないように心掛けます。

来年も宜しくお願い申し上げます。

皆様、どうか、良いお年をお迎え下さいますよう。

2007年12月20日

ニコラ・テスラ銅像建造計画

ニコラ・テスラ銅像建設発想の経緯

日本とセルビアとの友好関係を築くため一案としてセルビアで象徴的な存在である
「交流電流システムの大発明家“ニコラ・テスラ”」の銅像建築を計画しています。

きっかけ
在セルビア日本大使長井忠氏(現職)の要請により、2006年6月、2007年6月の2回にわたり、首都ベオグラードにおいてGISマーケティングセミナーを開催いたしました。
 
いずれも、日本とセルビアの友好関係を築くためのイベントの一環として行われました。勿論、この程度のものは大きな成果を期待できるものではなく、講師として招かれた私(平下治)としては、他にもよい方法はないものかと思案しておりました。

そんな中、本年6月訪問したセルビア視察団(14名)がニコラ・テスラ博物館にて彼の偉大な発明の功績を知るに至りました。
 
世界中のほとんどの人が彼の発明の恩恵を受けているにも係らず、その存在がまったく知られていないというのはあまりにも不名誉なことだと思い、わが国でも彼の功績を讃えるために
「ニコラ・テスラ銅像建造」を計画し、視察団が発起人となり活動を開始いたしました。


「ニコラ・テスラの銅像を建てる会」

発起人会 セルビア視察団 14名 
       セルビア大使館  代表 ヤンコヴィッチ参事官 
協力   在日本セルビア大使館 イヴァン・ムルキッチ大使      
      在セルビア日本大使館 長井 忠大使
設置場所 東京電力「電気の史料館」:横浜市 
       (山梨県大月市 日本の関東地域で最初の水力発電所にも予定)
費用   寄付を募る
企画   テレビ局による番組制作打診中>

上記にて活動を開始しました。東京電力に協力を求めたところ、当初計画の山梨県の発電所設置より先に東京電力の「電気の史料館」に設置するよう要請がありました。
結果的には横浜市鶴見区に第1号を設置することになりました。


さすがに「電気の史料館」にはニコラ・テスラの資料もあり、偶然にも、来年早々には
「テスラ交流コイル」(レプリカ)がドイツから送られてくることになっていました。

日本とセルビア友好のためにこの趣旨にご賛同いただきたくお願いをしているところです。
「ニコラ・テスラ銅像建造」にご協力頂ける方は是非ドネーションに参加をお願いしたいと思います。
1口:1万円です。

2007年12月12日

平下治のGIS物語38「セミナー、研修、研究会相次ぐ」

全国でビジネスGISセミナー、研修、研究会開催

例えば、2004年9月から12月のスケジュール

9月7日:東京で石油関連連合会でGISの有効利用について研究会
 9月16日:大阪にて「ビジネスGIS最新事情」セミナー講演
 9月22日:東京にて、異業種交流セミナーで講演
 9月30日:東京にて某企業の社内研修講師
 10月2日:青森にて「ビジネスGISコーディネータ研修」講師
 10月5日:神奈川にて慶応義塾藤沢校にて「ビジネスGISの現状」講義
10月13日:奈良にて奈良大学「ビジネスGISコーディネータ研修」講師
10月15日:東京にてタウンページデータ有効利用研究会
10月16日:東京にて立教大学にて「ビジネスGISの活用」講義
10月18日:福島にて郡山商工会議所にて「ビジネスGISの有効利用」講演
10月28日:東京にてデジタルマップフェアにて講演
11月12日:大阪にて某広告代理店の社員研修「GISの活用法」講演
11月26日:名古屋にて「ビジネスGIS実践セミナー」講師
11月27日:三重にて「ビジネスGISコーディネータ研修」講師
12月1日:東京にて某財団法人の「GIS実践セミナー」講師
12月5日:山梨にて山梨GIS研究会主催「ビジネスGISの効果」講師
12月8日:福島にて郡山中小企業青年会にて「ビジネスGISの活用」講師
12月15日:東京にて某流通業「GISは使える」をテーマに講演


など、この時期は月平均6,7回の講演依頼がありました。
やはり、使えるはずのGISに後一歩の期待が寄せられていると実感した時期でした。