株式会社ゼンリンジオインテリジェンス

弊社顧問であるGISマーケティング業界第一人者の”平下治”が解説

「GIS」について

弊社顧問であるGISマーケティング業界第一人者の”平下 治”が解説

「GIS」とは

Geographic Information System
(地理情報システム)のことです。

基本的には地理的な情報(湾岸線、河川、湖沼、鉄道、道路、県境、市町村界、町丁界、街区界、事物)を面と線と点に分類し、位置情報を緯度・経度で管理し、目的に応じて各種データを組み合わせ、可視化するシステムです。

その用途のほとんどが国や地方自治体が行う都市計画や道路計画、固定資産管理、上下水道管理、農地・森林管理、災害対策(防災)などに利活用されています。

民間企業では主に電気、ガス、電話会社などインフラ系企業が電柱や地下埋設管の配線や配管の管理に活用しています。また、これらは同様の用途で大学や研究機関などでも多く活用されています。

そして、このGISを民間企業がエリアマーケティングのために本格的に活用し始めたのはバブル経済崩壊後の1995年前後でした。このように、それほど歴史がある訳ではありませんが、最近はIT技術の発達、GPSの進歩に加え、特に通信技術の著しい進化によってリアルタイムに位置情報を可視化できるまでに急激に発展しています。身近なところで言えば、皆さんが日々使われているカーナビもGISの仲間です。

位置情報を元に目的に応じて各種データを組み合わせ、可視化するシステム(GIS)をマーケティングに応用したものが「GISエリアマーケティング」です。

弊社サービス、資料請求をご所望の方は
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください

03-5244-5171【受付時間】9:00~17:30(平日のみ)

メールでのお問い合わせお見積りや、WEBパンフレットはこちら