株式会社ゼンリンジオインテリジェンス

ビジネスGISとともに40年平下 治のあれこれブログ

2017.09.04

平成の大合併で日本の市町村の数は?

平成16年・17年・18年の3年間で一気に1,353市町村が合併

平成の大合併とは

平成元年の全国市町村数は3,274でした。その後、各地で徐々に合併していましたがそのピークは平成16年から18年の3年間です。所謂、これが平成の大合併です。

3年間で一気に、

平成の大合併の3年間で一気に1,353の市町村が吸収合併されその名を変えました。 この時点で市町村の数は1,817となりました。

平成大合併の前後

大合併の前、平成元年から平成15年の15年間で104の市町村、1年平均7市町村が合併、大合併の3年間では1,353の市町村、1年平均451が合併、その後の10年間(平成19年~28年)で99の市町村が合併しました。

結局、

平成の市町村の減少は、現時点(29年1月現在)までの約30年間でほぼ半数の1,556の市町村が消えたのです。現在は1,718市町村です。

ちなみに、

いくつかの市町村が合併して1つの市になった訳ですから当然、1市当たりの面積は拡大しました。ちなみに1市当たりの平均面積は平成元年当時3,274市町村で115.37㎢でしたが平成25年当時1,748市町村では216.23㎢と約2倍に拡大しています。

平成の大合併で日本の市町村の数は?

平下 治hirashita Osamu

1978年GISに出会い、翌1979年10月ビジネスGIS専門会社株式会社ジェー・ピー・エス設立、以後一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。民間のマーケティング現場での出店計画や既存店の活性化、メーカー等の販売促進計画等を手がける。

Archive

弊社サービス、資料請求をご所望の方は
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください

03-5244-5171【受付時間】9:00~17:30(平日のみ)

メールでのお問い合わせお見積りや、WEBパンフレットはこちら